BECKMAN FLATBOX (9063)

In stock
SKU
BRWM9063
As low as ¥41,500

1905年にレッド・ウィング社を創業したチャールズ・ベックマンにちなんで名付けられた「ベックマンブーツ」は、社の創業期より存在したラウンドトゥのブーツを、今日の素材で再現したものです。 自動車がまだ普及しておらず道路の舗装が未発達であった当時、道端の土埃や泥から足を守ることができる6インチ丈のブーツは、オックススフォード(短靴)以上に日常的な靴として広く履かれていました。そして、その多くは、「先芯」を入れない「フラットボックス」仕様でつくられていました。「先芯」とは靴のつま先に、その形を維持するため入れる硬い部材ですが、これを入れない靴は、つま先まで柔らかく非常に履きやすいものだったのです。ベックマン「フラットボックス」は、この当時の先芯を入れない6インチブーツを再現したものです。ベックマンと同じデザインのアッパー(靴の甲部)を、同じ「8番」ラスト(木型)を使用してつくったものです。先芯を入れる普通のブーツではつま先部分は形状が変わらない分、革が馴染む事はなくソールの反りもありませんが、「フラットボックス」仕様では、先芯で固定されていないつま先の革は足に合わせて馴染み、ソールも自在に反るため、通常のブーツにはない快適な履き心地となります。革の馴染みと共につま先が平たく沈んできて、独特の形状になっていきます。20世紀初頭~前半のアメリカのブーツによく見られたスタイルで、履き心地と共にこうした経年変化もこの「フラットボックス」の魅力です。 「フラットボックス」仕様のブーツは、1960年代前半までよく見られました。その当時は、#877のような先芯を入れる設計のブーツが「フラットボックス」仕様でつくられる事もよくあり、その履き心地を求める顧客からの特別な要望を受けてレッド・ウィング社が特別に仕様を変えてつくっていたようです。 ソールはミッドソールを使わないシングルソール仕様のグロコード・メダリオン・ソールとすることで、柔らかなソールの反りを実現し、このブーツの特長である履き心地の良さを高めています。 この#9063のレザーはティーク・フェザーストーン。原皮の中から5%程度しか見つからない、特にスムーズな銀面を持つものを選び、なめしの後、アニリン系の染料で染め、ワックスやオイルを含ませる事で、独特の輝きをもたせたレザーです。アンティーク家具を思わせる深みのあるブラウン。クリームでの磨きで艶が増し、味わいを深めます。 

More Information
Color No
Write Your Own Review
Only registered users can write reviews. Please Sign in or create an account
+

This product is out of stock.