The Nice Nice

Image

The Nice Nice

かつて孤独なオーストラリア出身の青年、ティムは一緒に音楽を作ってくれる女性を探していた。彼が見つけたのは、女の子ではなくトムだった。ミュンヘン出身の、やはり孤独な少年だった。
誰かを探しているわけではなかった。クリス・アイザックとクリス・レアが好き、コーヒーの消費量が半端ではなく、ワインはそれ以上に飲む、といった点でつながった二人は、今はいろんな意味で有名になったマーマレード・シティ・スタジオに向かい、そこで初めての曲「Beached」を書いた。
そして今、ティムとトムは、バンドを結成した。The Nice Nice。彼らはあいかわらずコーヒーとワインを飲んでいる。だが重要なことは、彼らがオーストリアの山中で6日もかけてデビューアルバムのレコーディングし、プロデュースを行ったということだ。しかも自分たちの手で。ミキシングはパリで、マスタリングはベルギーで行った。
来年、それぞれ4曲入りのEPを3枚リリースする予定だ。デビューアルバムで完成したものだ。
サウンドはどうだろう。前の晩に飲んだ最後のボトルが効いたのか、ひどい二日酔いだが夏の朝日を浴びて心地よく、部屋の中にはコーヒーの香りが漂って、世界は再び正しい様相を見せ始める、といった感じだ。
"There was: A lonely Australian boy named Tim looking for a woman to make music with. Instead of this girl he finds Tom. Another solitary boy from Munich, not looking for anyone.
After connecting with their love for Chris Issak and Chris Rea and an outstanding consume of coffee and a lot more wine, they headed to the now infamous Marmelade City Studios to write their first jam, Beached.
There are now: Tim, Tom and the band. The Nice Nice. They‘re still drinking coffee and wine. But what‘s important, they self recorded and produced their début album in six long days in the Austrian mountains. Mixed in Paris and mastered in Belgium.
What else about The Nice Nice? There will be three EPs with four songs on each in the next year – perfected in their début album.
The sound? Like the ease of a summer morning mixed with a rough hangover caused by the last bottle from the night before. In the air: the smell of coffee, putting the world in the right sphere again.”